BACK
特集
ボタンを押して、BOOKMARKに追加できます。
BOOKMARKする

特別記事 住宅のユーティリティ再考
水回りのレイアウトから見る現代住宅 (『新建築住宅特集』2016年8月号 掲載)

「住宅のユーティリティ再考」と題し、2回にわたって住宅の水回りから建築・空間を考える試みをします。第1回は「風呂とトイレ」に着目し、その空間のあり方においてエポックとなる住宅を『新建築住宅特集』『新建築』からピックアップしました。分析・編集は浅子佳英氏に協力を仰ぎ、7のカテゴリに分け、40の住宅を取り上げています。ユーティリティは住宅として機能させる前提であり、必須のものです。さまざまな社会背景 の中で住宅の前提が問われ、多様な実践が見えてきている現代において、住宅のユーティリティが変わることで、住宅は次なる可能性を切り開けるかを考えます。第2回は3人の建築家に「これからの水回り」をテーマに新しい住宅のアイデアを提案してもらいます。 (編)

こちらのおすすめ記事もいかがですか?