BACK
設計のヒント
ボタンを押して、BOOKMARKに追加できます。
BOOKMARKする

LIXILのディテールvol.14 性能と機能の追求から導かれる必然性〈後編〉 ─ 商品を通して考える窓と水回りの未来

  • 難波和彦・界工作舎 花巻裕子(はなまき・ゆうこ) 1980年 神奈川県生まれ。2003年 日本女子大学家政学部住居学科卒業。2003年 難波和彦・界工作舎入社。

    難波和彦・界工作舎

    花巻裕子(はなまき・ゆうこ)

    1980年 神奈川県生まれ。2003年 日本女子大学家政学部住居学科卒業。2003年 難波和彦・界工作舎入社。

  • LIXIL 圖師丈揮(ずし・たけき) 株式会社LIXIL/商品本部 住宅サッシ 統括部 サッシ商品部 商品企画グループ

    LIXIL

    圖師丈揮(ずし・たけき)

    株式会社LIXIL/商品本部 住宅サッシ 統括部 サッシ商品部 商品企画グループ

  • LIXIL 長瀬 徳彦(ながせ・のりひこ) 株式会社LIXIL/商品本部 商品開発統括部 浴室商品開発部 商品企画グループ

    LIXIL

    長瀬 徳彦(ながせ・のりひこ)

    株式会社LIXIL/商品本部 商品開発統括部 浴室商品開発部 商品企画グループ

  • LIXIL 松浦 統一郎(まつうら・とういちろう) 株式会社LIXIL/商品本部 商品開発統括部 設備商品開発部 商品企画グループ

    LIXIL

    松浦 統一郎(まつうら・とういちろう)

    株式会社LIXIL/商品本部 商品開発統括部 設備商品開発部 商品企画グループ

  • LIXIL 井戸田 貴則(いとだ・たかのり) 株式会社LIXIL/商品本部 商品開発統括部 設備商品開発部 商品企画グループ

    LIXIL

    井戸田 貴則(いとだ・たかのり)

    株式会社LIXIL/商品本部 商品開発統括部 設備商品開発部 商品企画グループ

  • LIXIL 中村 元博(なかむら・もとひろ) 株式会社LIXIL/商品本部 商品開発統括部 タイル建材商品開発部 商品企画グループ

    LIXIL

    中村 元博(なかむら・もとひろ)

    株式会社LIXIL/商品本部 商品開発統括部 タイル建材商品開発部 商品企画グループ

  • LIXIL 梅田 裕介(うめだ・ゆうすけ) 株式会社LIXIL/商品本部 商品開発統括部 キッチン・洗面商品開発部 商品企画グループ

    LIXIL

    梅田 裕介(うめだ・ゆうすけ)

    株式会社LIXIL/商品本部 商品開発統括部 キッチン・洗面商品開発部 商品企画グループ

  • LIXIL 吉原 新一朗(よしはら・しんいちろう) 株式会社LIXIL/キッチン・洗面事業部 商品開発部 商品企画2グループ

    LIXIL

    吉原 新一朗(よしはら・しんいちろう)

    株式会社LIXIL/キッチン・洗面事業部 商品開発部 商品企画2グループ

花巻 裕子(はなまき ゆうこ)(一級建築士事務所(株)難波和彦・界工作舎)
圖師 丈揮・長瀬徳彦・松浦統一郎・井戸田貴則・中村元博・梅田裕介・吉原新一朗(LIXIL)
司会: 真壁智治 (M.T.Visions)

LIXIL商品のプレゼンテーション

Sash-037
「サーモス」
wet area-001
「洗面化粧室」
wet area-002
「トイレ」
wet area-003
「浴室」
wet area-004
「キッチン」

[Sash-037]「サーモス」

次世代スタンダードサッシ「SAMOS」
従来の窓のイメージを一新するスリムなフレームデザイン。
框と複層ガラスの一体化により高い断熱性能を発揮します。

圖師:まずサーモスのご紹介から始めたいと思います。 こちらがテラスドアです。従来のテラスドアとの一番の違いは、丁番を無くしてフレームを細くしたことですね。そのおかげで、外観が非常にすっきりしました。従来品はフレームが太かったのですが。

花巻:かなり細くなっていますね。

サーモス(テラスドア+FIX 連窓) 室内側からフレームの細さや全体の印象を確認。 サーモス(テラスドア+FIX 連窓
室内側からフレームの細さや全体の印象を確認。

圖師:内側から見たときは、下のフレームも見えなくなっています。

花巻:すっきりしていて良いですね。

圖師:こちらは上げ下げ窓です。従来の上げ下げ窓は、引違いが縦になったようなすれ違う窓なのですが、これは閉じた時に上のガラス面と下のガラス面がフラットになる構造になっています。そのために、従来品に比べ気密性を保持しやすくなっています。

花巻:これもすごいですね。

圖師:外から見たときもフラットです。上げ下げ窓というのは、普通はガラス面が前後しているのですが、それをなくしています。「フラットスライド」という新しい名前で呼んでいます。

花巻:どうやって操作するのですか?

圖師:内側に…一旦手前に出して…。 この位置で換気モードとして使用することもできます。そこから上に上げていただくようになります。

サーモス(上げ下げ窓)開閉動作の確認。軽くスムーズな動きにゲストの花巻さんも納得。
サーモス(上げ下げ窓)
開閉動作の確認。軽くスムーズな動きにゲストの花巻さんも納得。

花巻:軽いですね。びっくりしました。

圖師:こちらは、横すべり出し窓です。これは、FIXとの段窓、連窓をしたタイプになります。

サーモス(FIX+横すべり出し窓 連段窓) 室外側から見る窓を開けた状態。 サーモス(FIX+横すべり出し窓 連段窓)
室外側から見る窓を開けた状態。

花巻:網戸は固定ですか?

圖師:固定網戸が標準になっています。こんな風に外していただいて、洗ったりすることもできるようになっています。室内側の網戸はそんなに汚れることもないので基本的に付けていただいているのですが、窓の掃除や結露を拭いたりするときに外していただくという形です。

サーモス(FIX+横すべり出し窓 連段窓) 固定網戸の取り外し方の説明。網戸は簡単に取り外すことができる。 サーモス(FIX+横すべり出し窓 連段窓)
固定網戸の取り外し方の説明。
網戸は簡単に取り外すことができる。

花巻:私たちは、600mm角のすべり出し窓をよく使っていますが、今まで使っていたものは、窓を閉めるときに一旦網戸を閉じて窓を閉めることになるので、そのときにいつも虫が入ってきてしまうという問題がありました。この網戸なら、その問題も解決できそうですね。

圖師:ありがとうございます。ぜひ一度お試しいただければと思います。

サーモス(高所用横すべり出し窓・採風勝手口ドア) アルミ色の商品とは違った印象を生み出す木目調のサーモス。 サーモス(高所用横すべり出し窓・採風勝手口ドア)
アルミ色の商品とは違った印象を生み出す木目調のサーモス。

圖師:こちらが採風勝手口ドアと高所用の横すべり出し窓です。

花巻:これもサーモスですか?

圖師:内観が木目調なので印象が違いますが、サーモスです。こちらの採風勝手口ドアも、先ほどのテラスドアと同じく丁番がないので、外から見たときにかなりスッキリしています。さらに、丁番をなくしたことで枠と扉の間に隙間ができないので手を挟むことがありません。安全性に配慮した結果ですが、これも大きな特長です。

花巻:そういう配慮はうれしいですね。

圖師:この採風勝手口ドアは、扉が上げ下げ窓の方式になっていて、重力換気ができる仕様になっています。

花巻:なるほど。

サーモス(高所用横すべり出し窓) 高い位置に取り付ける横すべり出し窓。付属のチェーンを使って開閉。 サーモス(高所用横すべり出し窓)
高い位置に取り付ける横すべり出し窓。
付属のチェーンを使って開閉。

圖師:こちらは高所用の窓で、こういった滑車で動かすタイプ以外に、電動タイプもございます。特に高い位置に使っていただくためにご用意していますが、今までの横すべり出し窓だとこのサイズ(W=780mm)までしかできなかったのが、これだと最大1,650mmまで製作できるようになっています。

花巻:それだけ大きいと、使ってみたくなりますね。 ところで、サーモスを使ってみて、いくつかおうかがいしたいことがあります。 まずフロストガラスが使えず、型ガラスでないと対応できないようですが…。

圖師:今はできるようになっています。

花巻:あ、今はできるようになったのですか。それは嬉しいです。

圖師:申し訳ありません。最初は型ガラスしかできなかったのですが、今はできるようになっていますので、是非、お試しください。

花巻:後、網入りガラスにする場合、私たちは水平垂直のタイプを使っていますが、それも菱ワイヤーしか対応できないと言われたのですが。

圖師:それは、今も菱ワイヤーしかないと思いますが、技術的な問題というよりも、ラインアップの問題だと思いますので、将来的に検討させてください。

大型スクエア窓 実際に商品を見ることで、その大きさを実感できる。 大型スクエア窓
実際に商品を見ることで、その大きさを実感できる。

圖師:これはサーモスシリーズではありませんが、大型スクエアという商品です。大きなFIXの窓が開く、というコンセプトで作られています。

花巻:あ、確かに大きいですね。

圖師:外観意匠のアクセントとして使っていただいているという場合が多いですね。

花巻:そうですね、ここまで大きいと面白いと思います。 ところで、質問に書かせていただいたのですが、ハンドルのデザインをもう少し工夫できませんか?

圖師:例えば、このハンドルはいかがですか?

花巻:そうですね、フォルムは良いと思うのですが、このハンドル受けの部分を無くすのは難しいですか。枠に直接こういうハンドルが取り付いているのが良いと思うのですが。

大型スクエア窓 ハンドルの取り付け位置やデザインについて、意見の交換。
大型スクエア窓
ハンドルの取り付け位置やデザインについて、意見の交換。

圖師:このサッシの場合ですと、例えばここをもう少しふかして…最初からそういう構造にすれば、それも可能になってくるかなと思います。あとは、引寄せる必要があるので、若干のクリアランスというか、そういう意味でこの構造は必要なのかもしれません。ただ、造形的にはまだ色々と工夫のしようはあるかなと思います。

花巻:そうですね。

圖師:できるだけ「すっきり」ということですね。

花巻:そうなると良いなと思います。

—では続いて「洗面化粧室」に移ります。

こちらのおすすめ記事もいかがですか?