BACK
設計のヒント
ボタンを押して、BOOKMARKに追加できます。
BOOKMARKする

LIXILのディテールvol.2 可能性を秘めた周辺部材─ 開口部の美しさを高めるチャレンジ

  • 松尾 宙(まつお・ひろし) アンブレアアーキテクツ代表 1972年 東京都生まれ。1995年 獨協大学法学部法律学科卒業。1999年 早稲田大学芸術学校卒業。2001年~ 石田敏明建築設計事務所。2008年 アンブレアーキテクツ設立。主な受賞に2004年日本建築学会作品選集/TAK。2008年 SDレビュー入選/A projectなど。

    アンブレアアーキテクツ代表

    松尾 宙(まつお・ひろし)

    1972年 東京都生まれ。1995年 獨協大学法学部法律学科卒業。1999年 早稲田大学芸術学校卒業。2001年~ 石田敏明建築設計事務所。2008年 アンブレアーキテクツ設立。主な受賞に2004年日本建築学会作品選集/TAK。2008年 SDレビュー入選/A projectなど。

  • トステム 藤井 文徳(ふじい・ふみのり) トステム株式会社/営業本部・商品促進部

    トステム

    藤井 文徳(ふじい・ふみのり)

    トステム株式会社/営業本部・商品促進部"

  • トステム 冨井 智(とみい・さとし) トステム株式会社/住宅サッシ統括部・サッシ商品部

    トステム

    冨井 智(とみい・さとし)

    トステム株式会社/住宅サッシ統括部・サッシ商品部

  • トステム 森谷 朗(もりや・あきら) トステム株式会社/ドア統括部・ドア商品部

    トステム

    森谷 朗(もりや・あきら)

    トステム株式会社/ドア統括部・ドア商品部

建築設計事務所に入所し5~10年前後の設計者が抱える既製品への疑問や要望を提示してもらい、ショールームで商品に触れながら開発担当者との直接対話を通し、その解決策や展望を語る「LIXILのディテール」。第2回目は第1回に続き松尾宙氏に、サッシ周辺のパーツや玄関ドアについての疑問や要望をうかがいます。

松尾宙(建築家・アンブレアアーキテクツ代表)
藤井文徳・冨井智・森谷朗(トステム)

今回の松尾氏の要望

[Sash-004]「天窓の木枠が見えないよう納めたい」

──次は、一般的な壁面のサッシから天窓や周辺の部材、壁面でも少し限定的な用途の開口部の対応についてお聞きしたいと思います。まずは、天窓についての疑問ですね。

松尾:そうです、天窓には標準でPB を納めるためのしゃくりがついた木枠が付いていますが、私達が使用する時にはできるだけ空だけが見えるように納めたいと思います。そのため、木枠の内側に仕上げのボードを被せて仕上げています。

「スカイシアター」断面詳細図

藤井:おっしゃることはわかります。通常のサッシのようにアルミの開口部だけがあって、ある程度自由に納めることができればいいということですよね。

松尾:木枠の上から被せて納めてしまえばいいだけのことなのですが。

藤井:この木枠は野地板を切り欠いて、内側に落とし込みしやすいようになっています。それによって位置決めができます。基本的には勾配屋根での納まりが基本となっているのと、嵩を上げるためにこの木枠が付いています。木枠部分を隠したい場合は、やはりPBを被せて納めてください。

松尾:でもこの商品自体はすごくいいと思います。特注でトップライトを作るとすごく高くなってしまいますが、この商品は性能もしっかりしているし、ガラスの種類も選べるのでよく使います。

──この商品は一般的によく使われているのでしょうか。

藤井:減ってきています。都心の狭小地でよく使われていましたが、最近は小さなサイズのサッシが発売され(参照:「シンプルアート」)、プチ窓を必要なところに付けたりといった工夫ができるようになってきたためもあると思います。

松尾:なるほど、プチ窓が増えてきてそういうことになっているんですか。

藤井:同じように眺望のために付けていた出窓も減ってきています。それに比べると天窓は継続的に使っていただいているお客様がいらっしゃいます。いろいろな角度に対応しているので納めやすいと評価いただいています。

松尾:そうですね、11°だったかと思うんですけど、結構浅い角度でも大丈夫なので我々の設計でも使える商品です。

──通常屋根勾配はとりますか?

松尾:陸屋根の住宅が8 割ぐらいです。

こちらのおすすめ記事もいかがですか?